奥書 仏縁浅い人に見せてはならない(蓮如上人)

奥書
原文 現代語訳
右この聖教は、当流大事の聖教たるなり。 歎異抄は、浄土真宗で大事な本です。  
無宿善の機に於ては左右無く之を許すべからざるものなり。
釈蓮如
親鸞聖人の教えを余り聞いたことのない人には、誰にでも拝読させていいというものではありません。
釈蓮如

これは『歎異抄』を読まれた蓮如上人が、書き加えられたものです。
この『歎異抄』は、親鸞聖人の体得なされた他力の信心を知るのに大切な本だと言われています。
しかも『歎異抄』に記されているのは、他力信心の極致です。
カミソリでも、非常に切れるカミソリだと、余りに切れるが為に、ケガをする危険があります。
だから、仏縁浅い人には、読ませてはならないと言われているのです。

この歎異抄.comでは、それが安全カミソリになるように、親鸞聖人の『教行信証』などのご著書に基づいて、その意味を分かりやすく解説しています。

『歎異抄』の本質を学ぶ

歎異抄』には、仏教を聞かなければ知ることのない他力信心の極致、本当の幸せに救われた世界ばかりが記されています。
その『歎異抄』の本質をよりよく理解できるように、『歎異抄』に明かされた本当の生きる意味がわかるメール講座と、どうすれば『歎異抄』に説かれた本当の幸せの世界に出られるのかをまとめた小冊子をプレゼントしています。以下のページから今すぐご覧ください。

ページの先頭へ