歎異抄第10章 念仏には無義をもって義とす

第10章
原文 現代語訳
念仏には無義をもって義とす。 阿弥陀仏に救われた人の称える他力の念仏は、一切の自力のはからいを離れているのです。
不可称・不可説・不可思議のゆえに、と仰せ候いき。 それは、言うことも説くことも、想像することもできないのですから、とおっしゃいました。  

目次

人生の目的が完成した他力信心の世界がある



念仏には無義をもって義とす。不可称・不可説・不可思議のゆえに、と仰せ候いき。


念仏」とは、真実の信心をえての、他力の念仏です。
他力の念仏は、「無義」であるということです。
」というのは計らいであり、自力ということです。
自力の心がなくなった世界が、真実の信心の世界だといわれています。
そういう世界は言うこともできないし、説き聞かせることもできません。
また想像もできない「不可称・不可説・不可思議」の世界なのです。

このような無義の世界がある、ということは、完成があるということです。
こういう計らい・自力が浄尽して、きれいになくなる世界があるのです。
それをこういう言葉で言われています。

無礙の一道、その世界は「不可称・不可説・不可思議」の世界
真実の信心」は、心や口や体の三業で計ることのできない世界なのです。

では「自力」とは何でしょうか?
これは後生の一大事が分からないとわかりません。
ここで「計らい」と言われているのは、後生の一大事に対する計らいであり、阿弥陀仏の本願に対する計らいです。
それ以外は「計らい」とはいいません。

仏教は、後生の一大事を知るところから始まり、後生の一大事の解決に終わります。
仏教を聞けば、後生の一大事を知り、それを解決し、その計らいがすたった世界があるのです。
その計らいがすたったのが、無義です。
それが、人生の目的の完成です。

『歎異抄』の本質を学ぶ

歎異抄』には、仏教を聞かなければ知ることのない他力信心の極致、本当の幸せに救われた世界ばかりが記されています。
その『歎異抄』の本質をよりよく理解できるように、『歎異抄』に明かされた本当の生きる意味がわかるメール講座と、どうすれば『歎異抄』に説かれた本当の幸せの世界に出られるのかをまとめた小冊子をプレゼントしています。以下のページから今すぐご覧ください。

ページの先頭へ