歎異抄第17章 化土に行くと地獄に堕つる?

第17章
原文 現代語訳
辺地の往生を遂ぐる人、ついには地獄に堕つべしということ。 化土往生を遂げた人は、地獄に堕つるという邪義について。
この条、いずれの証文に見え候ぞや。 こんなことは一切経のどこにも書いてありません。どのお聖教にあるというのでしょうか。
学匠だつる人の中に言い出さるることにて候なるこそ、浅ましく候え。 仏教の学問をしている学者がこんなことを言い出したというのは、まことに情けないことです。
経・論・聖教をばいかように見なされて候やらん。 お釈迦さまの説かれたお経、それを菩薩が解釈した論、また高僧方の書かれた書物を、どのように理解しているのでしょうか。
信心欠けたる行者は、本願を疑うによりて辺地に生じて、疑いの罪をつぐのいて後、報土のさとりを開くとこそ承り候え。 まだ信心獲得していない行者は、本願を疑っているので、もし毎日何万回も念仏を称えて、正念往生し、臨終来迎にあえた場合は、浄土の辺境である化土に生まれます。化土に生まれて疑いの罪をつぐなった後、報土のさとり、仏のさとりを開くと説かれているのです。
信心の行者少なきゆえに、化土に多くすすめ入れられ候を、「ついにむなしくなるべし」と候なるこそ、如来に虚妄を申しつけまいらせられ候なれ。 他力の信心を決定する人がなかなかいないので、導くための方便として化土を勧められているのですが、「ついには地獄に堕つる」などと経論釈に言われていることを否定していては、仏様を嘘つきにすることになりますよ。

『歎異抄』の本質を学ぶ

歎異抄』には、仏教を聞かなければ知ることのない他力信心の極致、本当の幸せに救われた世界ばかりが記されています。
その『歎異抄』の本質をよりよく理解できるように、『歎異抄』に明かされた本当の生きる意味がわかるメール講座と、どうすれば『歎異抄』に説かれた本当の幸せの世界に出られるのかをまとめた小冊子をプレゼントしています。以下のページから今すぐご覧ください。

ページの先頭へ