歎異抄 第14章 念仏さえ称えれば極楽へ往ける?

歎異抄原文 歎異抄現代語訳
「一念に八十億劫の重罪を滅すと信ずべし」ということ。 「一回の念仏で、八十億劫という気の遠くなる長期間、私たちが造った重い罪が消えて、極楽へ往けると信じなさい」という邪偽について。
この条は十悪・五逆の罪人、日ごろ念仏を申さずして、命終のとき、初めて善知識の教えにて、一念申せば八十億劫の罪を滅し、十念申せば十八十億劫の重罪を滅して往生すといえり。 この邪偽は、十悪や五逆という恐ろしい罪悪を造っている者が、日頃念仏を称えていなくても、臨終に初めて仏教の先生から教えを聞いて、一回念仏を称えれば八十億項の罪が消え、十回念仏称えれば八百億劫の重い罪が消えて極楽へ往けると言っている。
これは十悪・五逆の軽重を知らせんがために、一念・十念といえるか。滅罪の利益なり。 お釈迦さまが念仏称えれば罪が消えると教えられたのは、一つは十悪より五逆が重いというような罪の重い軽いを教えるため、もう一つは、念仏を称えることに大変な功徳があることを分からせるために説かれているのです。
いまだ我らが信ずるところに及ばず。 それなのにこんなことを言う者は、まだ阿弥陀仏の本願が信じられていないのだろう。
そのゆえは、弥陀の光明に照らされまいらするゆえに、一念発起するとき金剛の信心を賜りぬれば、すでに定聚の位におさめしめたまいて、命終すれば、諸の煩悩悪障を転じて、無生忍をさとらしめたまうなり。 なぜならば、阿弥陀仏の光明に摂取され、一念で何があっても変わらない、金剛の信心を頂けば、生きているときに、いつ死んでも極楽往き間違いなしの正定聚の位に定まってしまいますから、死ねば必ず極楽へ往生して弥陀同体のさとりを得られます。念仏を称えようと称えまいと、救われた後の念仏は、往生には何の関係もありませんから、一声の念仏で八十億劫の罪が消えることが問題にならなくなります。
「この悲願ましまさずは、かかる浅ましき罪人、いかでか生死を解脱すべき」と思いて、一生の間申すところの念仏は、皆悉く「如来大悲の恩を報じ、徳を謝す」と思うべきなり。 では救われたら念仏は称えないのかというと、「阿弥陀仏の本願によらなければ、私のような助かる縁手がかりのない罪人が、どうして救われることができただろうか」と、命ある限り、阿弥陀如来の恩徳を報いずにおれない喜びから、御恩報謝の念仏を称えずにおれなくなります。
念仏申さんごとに罪を滅ぼさんと信ぜば、すでに我と罪を消して往生せんと励むにてこそ候なれ。 念仏称えるごとに罪が消えると信ずるのは、自分の力で罪を消して助かろうと励んでいる自力の心です。
もししからば、一生の間思いと思うこと、皆生死の絆にあらざることなければ、命つきんまで念仏退転せずして往生すべし。 もしそうだとすれば、「一人一日のうちに八億四千の憶いあり、念々になすところこれみな三塗の業なり」といわれるように、一生の間思うことはすべて悪ばかりなのだから、死ぬまで、念仏称えて消してゆかないと助かりません。
ただし業報かぎりあることなれば、いかなる不思議のことにもあい、また病悩苦痛をせめて正念に住せずして終わらん、念仏申すこと難し。
ところが、これまで果てしなく遠い過去から造ってきた悪業には限りがありませんから、その報いでどんな予想もできない事故にあったり、どんな病苦が襲ってきて臨終を迎えるか分かりません。そうなれば念仏を称えることはできないでしょう。
その間の罪は、いかがして滅すべきや。罪消えざれば往生はかなうべからざるか。
ではその間に造る罪は、どうして消したらいいのですか。死ぬまで念仏称えられなければ往生できないとでも言うのでしょうか。それでは平生業成の親鸞聖人の教えにならないではないですか。
摂取不捨の願をたのみたてまつらば、いかなる不思議ありて悪業をおかし、念仏申さずして終わるとも、すみやかに往生を遂ぐべし。 平生の一念におさめとって捨てられない、阿弥陀仏の本願に救われたならば、臨終にどんな予期せぬことが起きて悪業を造り、念仏を称えられずに命終わったとしても、死ぬと同時に弥陀の浄土へ往って仏に生まれるのです。
また念仏の申されんも、ただ今さとりを開かんずる期の近づくにしたがいても、いよいよ弥陀をたのみ御恩を報じたてまつるにてこそ候わめ。 また、念仏を称えていても、弥陀同体のさとりをうるときが近づくに従って、いよいよ阿弥陀仏をたのもしく思い、御恩に報いずにおれないのです。
罪を滅せんと思わんは自力の心にして臨終正念といのる人の本意なれば、他力の信心なきにて候なり。 念仏称えて罪を消そうとするのは自力の心であって、臨終の苦しみに打ち克って、心を乱さずに念仏称えようとしている人はそういう心ですから、それは他力の信心ではありませんよ。阿弥陀仏の本願は平生の一念に救われるのですから、はやく仏法を聞いて、阿弥陀仏の本願に救われなさい。

歎異抄は、他力信心の極致が記されていますので、
まず、仏教に何が教えられているのかという基礎知識
メール講座で無料で提供しています。
ご希望の方は、以下のフォームからお申し込みください。


メールアドレス:



今なら、特典として、
仏教に教えられる苦悩の根元
を明らかにした小冊子もさしあげています。
いつでも解除できますので、今すぐお申し込みください。