歎異抄・親鸞聖人をたたえる人々12 吉野秀雄

吉野秀雄(1902 – 1967)

近代日本の歌人で、書家でもあります。
生来病弱で、60歳頃から動けなくなり、65歳で亡くなりました。


晩年の64歳のときの随筆集『やわらかな心』は、
代表作の1つです。
その「あとがき」に
「わたしは、じつは目下病重く、これ以上書けませんが、
ただひたすらに、この本の一カ所でもいいから、
読者の心にひびくもののあるようにと念じております」
と書き残しています。
その『やわらかな心』の中に、
『歎異抄』のことを以下のように書いています。


二十三の年にわたしは肺結核を病んで、
爾来七年間闘病生活をした。
二度死にかけた。不安な心が宗教にひかれるのは、
当然の成り行きで、この間しきりに歎異抄を読んだ
(吉野秀雄『やわらかな心』)


さらには苦しいときに内から支えた力であったと、
このように言っています。

戦争中の四十三の年に、わたしは前の家内に死なれ、四人の子供をかかえて、意気地なくも途方にくれていた。この際歌よみのわたしは、短歌を作ることによって救われたかのごとくであったが、その根本を内から支えた力は、やはり歎異抄であったといってさしつかえなさそうである。
(吉野秀雄『やわらかな心』)


また、歎異抄を讃える歌をたくさん作っています。

若きより繙(ひもと)きなれし 書(ふみ)なれど
 今宵のわれは おしいただきぬ

歎異抄 読みゆくなべに 上人の
鏡の御影 おもかげにたつ

河和田の 唯円と呼びき 歎異抄 
つづりし人ぞ この里の人

耳の底に留めし み声にうながされ 
泣く泣く筆をそめし一巻(ひとまき)
(吉野秀雄『やわらかな心』)

そして、歎異抄について、このように書き残しています。

これ(『歎異鈔』)をもって
世界第一の信仰奥義の書とさえ信じている。
(吉野秀雄『やわらかな心』)


そして、この随筆を出した翌年、65歳で
吉野秀雄はその生涯を閉じています。


歎異抄は、大人か使えば重宝ですが、子供が使えばケガをする、
カミソリにもたとえられる他力信心の極致が記されていますので、
この歎異抄の内容を理解するために、
まず、仏教に何が教えられているのかという基礎知識
メール講座で無料で提供しています。
ご希望の方は、以下のフォームからお申し込みください。


メールアドレス:



今なら、特典として、
仏教に教えられる苦悩の根元
を明らかにした小冊子もさしあげています。
いつでも解除できますので、今すぐお申し込みください。