歎異抄・親鸞聖人をたたえる人々8 西田幾多郎

歎異抄 西田幾多郎

西田幾多郎(1870– 1945)
(写真はウィキペディアより)
京都学派の創始者で、日本の三大哲学者の1人。

一切の書物を焼失しても『歎異抄』が残れば我慢できる
(西田幾多郎)


このことは、日経新聞にもつぎのように掲載されました。

哲学者の西田幾多郎は空襲の火災を前に、
ほかの書物が燃え尽くしても「歎異抄」だけ残ればいい
と言い切った。
歎異抄」は、
「哲学の動機は人生の悲哀でなければならない」
と見た西田だけでなく、誰にでも
人間存在の悲しさ、善悪、救済について考えさせられる。
(日経新聞2007年12月29日)


随筆にも、このように書いています。

親鸞聖人が『歎異抄』においての
善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや
という語、深く味わうべきである。

(随筆『愚禿親鸞』西田幾多郎)


歎異抄は、親鸞聖人の他力信心の極致が記されていますので、
この歎異抄の内容を理解するために、
まず、仏教に何が教えられているのかという基礎知識
メール講座で無料で提供しています。
ご希望の方は、以下のフォームからお申し込みください。


メールアドレス:



今なら、特典として、
仏教に教えられる苦悩の根元
を明らかにした小冊子もさしあげています。
いつでも解除できますので、今すぐお申し込みください。