歎異抄・親鸞聖人をたたえる人々7 三木清

歎異抄 三木清

三木清(1897 – 1945)
(写真はウィキペディアより)
日本の三大哲学者の1人。
20世紀最大の哲学者・ハイデッガーに学んでいます。
遺稿は『親鸞』

万巻の書の中から、たった一冊を選ぶとしたら、
『歎異抄』をとる。

(三木清)


第一高等学校(現在の東大教養学部)から
京都大学に学んでいますが、
高校時代の読書をこう回想しています。

高等学校時代に初めて見て特に深い感銘を受けたのは
歎異鈔』であった。
東洋哲学というとすぐ禅が考えられるようであるが、
私には平民的な法然や親鸞の宗教に
遙かに親しみが感じられるのである。
いつかその哲学的意義を
闡明(せんめい)してみたいというのは、
私のひそかに抱いている念願である。

(三木清「読書遍歴」)


歎異抄は、その親鸞聖人の他力信心の極致が記されていますので、
この歎異抄の内容を理解するために、
まず、仏教に何が教えられているのかという基礎知識
メール講座で無料で提供しています。
ご希望の方は、以下のフォームからお申し込みください。


メールアドレス:



今なら、特典として、
仏教に教えられる苦悩の根元
を明らかにした小冊子もさしあげています。
いつでも解除できますので、今すぐお申し込みください。