歎異抄・親鸞聖人をたたえる人々4 井上靖

井上靖(1907 – 1991)
北海道出身の芥川賞作家。
歴史小説を中心にして各国語に翻訳され、しばしばノーベル文学賞の候補にあげられていました。

人類が、今日ほど、親鸞聖人を必要としている秋はない。
(井上靖)


最期、83才で亡くなりましたが、
生前、次のように言っていました。

あと七年生きて、親鸞聖人を書きたい。
(井上靖)


歎異抄は、その親鸞聖人の他力信心の極致が記されていますので、
この歎異抄の内容を理解するために、
まず、仏教に何が教えられているのかという基礎知識
メール講座で無料で提供しています。
ご希望の方は、以下のフォームからお申し込みください。


メールアドレス:



今なら、特典として、
仏教に教えられる苦悩の根元
を明らかにした小冊子もさしあげています。
いつでも解除できますので、今すぐお申し込みください。