歎異抄・親鸞聖人をたたえる人々3 吉川英治

歎異抄 吉川英治

吉川英治(1892 – 1962)
(写真はwikipediaより)
傑作『宮本武蔵』はNHK大河ドラマや、漫画『バガボンド』の原作にもなっています。他にも『太閤記』『新・平家物語』『太平記』など、NHK大河ドラマ5作品の原作をしています。

私が小説というものを書いた第一作が『親鸞』であった。
(吉川英治)


29才の時、東京毎夕新聞に入社すると文才を認められ
「親鸞記」などの執筆を始めました。
46才の時に、再び『親鸞』を執筆していますので、生涯に二度、
『親鸞』という小説を書いたことになります。

私は、何ということなく、親鸞が好きだ、蓮如が好きだ。
好き嫌いで言うのは変だけれど、
正直な表現でいえば、そうなる。

(吉川英治)


また、こうもうたっています。

「歎異抄 旅に持ちきて 虫の声」(吉川英治)


歎異抄は、親鸞聖人の他力信心の極致が記されていますので、
この歎異抄の内容を理解するために、
まず、仏教に何が教えられているのかという基礎知識
メール講座で無料で提供しています。
ご希望の方は、以下のフォームからお申し込みください。


メールアドレス:



今なら、特典として、
仏教に教えられる苦悩の根元
を明らかにした小冊子もさしあげています。
いつでも解除できますので、今すぐお申し込みください。