歎異抄・親鸞聖人をたたえる人々5 倉田百三

歎異抄 倉田百三

倉田百三(1891 – 1943)
写真はWikipediaより
親鸞聖人と歎異抄の著者といわれる弟子唯円を描いた『出家とその弟子』の著者。発表と同時に当時の青年たちに熱狂的に支持され、大ベストセラーとなりました。世界各国で翻訳され、フランスのノーベル賞作家ロマン・ロランも絶賛しています。

歎異鈔』の「悪をも恐るべからず、
弥陀の本願をさまたぐるほどの悪なきが故に。」
これは恐ろしい表現である。
世界のどの経典にこんな恐ろしい、大胆な表現があるか。
ニーチェでも、トルストイでも、ボードレールでも、これを読んだら驚くだろう。
トルストイの如きは、82歳の家出後において死なずにこれを読んだら、更に転心して念仏に帰しはしなかったであろうか。
(倉田百三『法然と親鸞の信仰』)


また、このようにも言っています。

歎異抄』よりも求心的な書物は、おそらく世界にあるまい。

この書には、また、もの柔らかな調子ではあるが、
恐ろしい、大胆な、真剣な思想が盛ってある。
見方では毒薬とも、阿片とも、利刃ともとれる。

そしてどこまでも敬けんな、謙虚な、
しかし真理のためには何ものをも恐れない態度で
書かれているのである。
文章も日本文としては実に名文だ。
国宝と言っていい。

(倉田百三『法然と親鸞の信仰』)


さらにはこのように、世界第一とまで言っています。

歎異抄は、私の知って居る限り、世界のあらゆる文書の中で、
一番内面的な、求心的な、そして本質的なものである。
文學や、宗教の領域の中、宗教の中でも最も内面的な仏教、
その中でも最も求心的な浄土真宗の
一番本質的な精髄ばかりを取り扱ったものである。
中略
歎異抄という著作は反之、その志向が内界完成にあるので、
徹頭徹尾求心的なものである。
その方面での、典型的なものとして、
世界第一の文書である。

(倉田百三「一枚起請文・歎異抄」)


歎異抄は、大人か使えば重宝ですが、子供が使えばケガをする、
カミソリにもたとえられる他力信心の極致が記されていますので、
この歎異抄の内容を理解するために、
まず、仏教に何が教えられているのかという基礎知識
メール講座で無料で提供しています。
ご希望の方は、以下のフォームからお申し込みください。


メールアドレス:



今なら、特典として、
仏教に教えられる苦悩の根元
を明らかにした小冊子もさしあげています。
いつでも解除できますので、今すぐお申し込みください。