別序 最近の様子

歎異抄原文 歎異抄現代語訳
そもそもかの御在生の昔、同じ志にして歩みを遼遠の洛陽に励まし、 信を一つにして心を当来の報土にかけし輩は、同時に御意趣を承り しかども、 そもそも親鸞聖人が生きておられた頃は、同じ志をもって、関東からはるばる京都まで足を運び、親鸞聖人と同じ真実の信心をえて、極楽浄土へ生まれたいと願った人たちは、直接親鸞聖人から御教導頂くことができたので、大変な有り難いことでしたが、  
その人々に伴いて念仏申さるる老若、その数を知らず おわします中に、聖人の仰せにあらざる異義どもを、近来は多く 仰せられおうて候由、伝え承る。 その人たちから仏法を聞き、念仏する人が多くなるにつれて、親鸞聖人がおっしゃらななかったことが、最近は、さかんに伝えられていると伝え聞いています。
いわれなき条々の子細のこと。 そのとんでもない説と、その問題点をこれから述べましょう。

歎異抄は、他力信心の極致が記されていますので、
まず、仏教に何が教えられているのかという基礎知識
メール講座で無料で提供しています。
ご希望の方は、以下のフォームからお申し込みください。

メールアドレス:



今なら、特典として、
仏教に教えられる苦悩の根元
を明らかにした小冊子もさしあげています。
いつでも解除できますので、今すぐお申し込みください。